サービス紹介

一人で完結!

主婦や女性の方でも30分でできる

エアコンクリーニングセルフキット

  • エアコンクリーニングのプロに出張してもらう必要なし!
  • ご自身の空き時間にエアコンクリーニングが格安(1台約3,000円)で短時間で!
  • エアコンの嫌な匂いやカビ除去に!

―ぜひこのクリーニングキットで年中綺麗な空気で快適にお過ごしください―

どうして30分でできるの?

プロ仕様の道具を一切使用しません!

プロが使用するコンプレッサーや電動ドリルなどの難しい道具を使いません。

同梱している蓄圧スプレーや養生シート、ヘラ、マスカー、テープ等で

初めての方でも簡単に取り扱いができる簡易キットがエアコン洗浄のお手伝いをいたします。

エアコン本体の分解しなくて良い!

電動ドリルでいくつものビスを外すことなく電気配線を触ることもなく、

一番気になる吹き出し口奥のシロッコファンのカビや汚れの箇所を

集中的にかつ短時間で洗い流すことができます。

エアコン専用カバーの開発!

プロ仕様のエアコン専用カバーの開発に成功しました。今回の専用カバーはエアコン全体を覆って

その水がバケツに直接流れるようにしているため洗浄後の床や壁の清掃の必要がありません。

また脱着も簡単なので、洗浄前の準備にも時間がかかりません。(※エアコン設置高さ3.5mまでのエアコン可能)

上記のお悩みなど全て解決できる、ご自宅のエアコンクリーニングが

ご自身の空き時間になんと30分で行うことができます。

エアコンの吹き出し口にカビを見てしまった!

カビの臭いがする!小さいお子様の健康が気にする!などこれで解決出来ます。

カビを気にしない清潔な空気で涼しい夏を迎えられます。

”主婦の声から”

クリーニング店を利用するお客様にクリーニング店で働くスタッフから エアコンクリーニングのことについて、

ヒアリングを行うと 「何年もお掃除してないので、気になります」「エアコンの効きが悪くなった気がする」

更に踏み込んで質問すると、本音が・・・

「家の中に入ってもらうのが嫌」「値段が安かったら、一年に一回はやりたい」「自分ではできないから」

”エアコンクリーニングのDIY”
今回のこの企画を考えるにあたって我々が行き着いたのは 主婦の皆さんが自分で、簡単にできないの?

それって、プロじゃないとできない作業なの? ここは、我々の名誉のためにいいます。

もちろんプロとしてのプライドはあります。 だから愛情こめてにきれいにします。

(エアコンクリーニングキットでカビが原因の汚れた黒い汚水が出してきます)

エアコンの効きが悪くなった

吹き出し口奥のシロッコファンに繁殖したカビや埃汚れで風を送り出すことが出来なくなり

風量が弱まり効きが悪くなってます。

エアコンからのかび臭い匂いが気になる

匂いの原因は、吹き出し口周辺やシロッコファンに繁殖したカビです。

このカビがエアコンを使用している間、部屋中にカビ菌を撒いています。

去年と比べて電気代が高くなってきた

シロッコファンにフサフサ状態に繁殖したカビのせいで風量が弱まり、冷暖房効率の低下に繋がります。

快適な部屋の温度にしようとして設定温度を過剰に下げたり上がたりすることによって

電気代がロスしています。

エアコンクリーニングキット内の道具

その他に使用する道具(ご用意して頂く道具)

脚立・タオル・500ml空ペットボトル・バケツ

エアコン洗剤の成分と取り扱い方法

HPコントロール配合で洗浄廃液のPH低下を促進させます。

水への還元率が高いので水道水でリンス作業出来るノンリンスタイプ銀イオン配合で除菌効果

※洗浄の際は防護メガネ・ゴム手袋・マスクの着用をお勧めいたします。

作業手順

1.床の養生

エアコンを掃除する際に液体の薬剤と水を使いますので、床が汚れないように養生シートを敷きます。

使う道具は養生シートです。2枚入っていますが床用と壁用で2枚です。2枚とも同じ物です。

2枚のうち1枚を使って床を壁の隅まで養生シートを敷いてください。

ポイントは壁の隅まで来るように養生シートを敷いてください。壁からの伝った水を防ぐためです。

2.壁の養生

エアコン真下の床を汚さないようにセット内に入っているシートで壁を養生します。

万が一掃除をしているときに薬剤や水が垂れてきて、壁を汚さないようにします。

使う道具は残りの養生シートとヘラと養生テープです。

ポイントとしてエアコン本体に養生シートの端をヘラで押し込んで下さい。

テープを使って養生シートが落ちてこないようにエアコン本体の横に貼ってください。

3.吹き出し口の養生テープ

風が出てくる所にテープを貼っていきます。エアコンの中に水が入らないようにします。

部品と部品の切れ目の箇所に水が入らないように養生テープを貼ってください。

テープを貼る場所が汚れているとテープが貼れないので、その時はティッシュなどで

汚れを拭き取ってからテープを貼ってください。

4.エアコン本体下側のマスカー

エアコン本体下部にマスカーを貼っていきます。

エアコン本体下部を伝って壁に水が行かないようにします。

ポイントは出来る限り壁に近い所で貼ります。

部品と部品の切れ目があるエアコンは壁側の部品に貼ってください。

5.エアコン本体にカバーをはめる

エアコン本体にカバーをはめます。エアコン清掃時に出る汚れた水を受け止めます。

使う道具はカバーとバケツです。

筒が付いている方を下側にしてカバーをエアコン本体の奥側までかぶせます。

筒がバケツ内に入っているかしっかりと確認してください。

※5の工程のマスカーをカバー内に収まるようにしてください。

6.エアコン洗剤をカビに噴きかける

エアコン洗剤をシロッコファンに吹きかけます。シロッコファンに繁殖したカビを除菌します。

使う道具はエアコン洗剤(60~70ml)・蓄圧スプレーと

用意して頂いた空ペットボトルと水道水400mlです。

エアコン洗剤は200ml入っています。

エアコン清掃2・3台分です。汚れがひどい場合は1台に100ml使ってください

※ゴーグル・ゴム手袋・マスクを使用して噴霧してください。

蓄圧スプレーのポンプを圧縮して洗剤を掛けていきます。

ポイントはスプレーが勢い良く出るようにノズルを調整して

シロッコファンを横に噴きかけていきます。

そして噴きかかっていない箇所をファンを手で回して、また横に噴きかけていきます

これを繰り返してシロッコファン全体、洗剤を掛けます。

次に周りのフィンや吹き出し口の奥などもスプレーノズルを調整して

ストレートにしたり噴霧にしたりして噴きかけていきます。

噴きかけたら5分ぐらい洗剤を汚れに染み込ませます。

7.エアコン洗剤をカビに噴きかける

蓄圧スプレーで吹き出し口廻りを洗浄していきます。

柔らかくなった汚れを水の勢いで吹き飛ばしていきます。

使う道具は先ほどの工程で使用して蓄圧スプレーセット・歯ブラシです。

蓄圧スプレーに水道水を入れて、ポンプを圧縮させ水が勢いよく出来るようにノズルを調整して

汚れを吹き飛ばしていきます。水圧で吹き飛ばない汚れなどは歯ブラシでこすって取ってください。

シロッコファンを手で回転させながらファンから黒い液体が出てこなくなるまで、水で洗浄してください。

8.エアコン本体内の水滴水切り

吹き出し口が濡れていますので水切りします。使う道具は養生テープとタオルです。

養生テープを使用してカバーの穴を塞いでエアコンを30秒ぐらい運転して

吹き出し口の中の水を飛ばしてください。強風でやると比較的早く吹き飛びます。

運転停止したらタオルでまだ付着している水滴を拭き取ってください。

そして、また同じ手順でエアコンを運転して残っている水滴を吹き飛ばして、

運転停止してまたタオルで拭いてください。これを2・3回繰り返してください。

9.エアコン本体からカバーを取り外す

カバーを外して再度吹き出し口に水滴が無いか確認して終わりです。